ここままの奮闘日記

育児って思ったよりも大変。だけど面白い。まったりブログ。簡単料理についても。

帰宅難民

地震で電車が動かなくなったら、


のために、


帰宅ルートを調べておいた方がいいと
なんかの大地震が起きた時に
思ったりはしたものの、

他人事のように
東京でそんなおっきい地震
滅多にないからって
かなり甘くみていた。



今回の
北太平洋地震
(正式名称がわかりません)

オフィスビルが
ぐわんぐわんと揺れて
免震構造らしい)
棚が倒れてきたり、
揺れてる時間も長かった。


ドアが閉まらないように
必死に抑えて、
棚の上の荷物に気を付けて。



誰かと一緒にいたから
まだ怖くなかったけど、
夜だったりひとりきりだったら
ほんとに怖い地震だった。



人生でこんな地震
始めて体験したかも。


そりゃそうだよね。
国内最大だったらしいし。



オフィスビルが閉鎖になったとき
すぐに帰ればよかったけど、
腹ごしらえしてしまったり
うだうだと気づいたら
19時になっていて。


自宅もめちゃくちゃなんだろうけど
はやくかえりたくて。
家が恋しくて。



会社から自宅までは
22キロもある。
検索すると4時間と出るが
そんな時間ではつくとは思えず。



駅の改札口で電車を待つ人、
タクシーの待ち行列
車やバスの道路行列、
徒歩で歩くたくさんのひと。



こんなことが起こるなら
防寒具やスニーカーなど
災害対策をしておくべきだったな。



自宅ではないが
寝床が確保できる場所まで
12キロ。


これなら行けるやろ!
って歩きましたが、
携帯もiPhoneも電池は切れ、
コンビニから食品と
携帯充電器がごっそり消え。



革靴に冷えて
手先も冷えて
耳たぶも冷えて
まだ寒い季節です。


12キロを3時間で歩いて
風呂入ってすぐ寝たけど、
夜中も地震がずっと続き
余震かと思いきや
長野新潟までもが。。。



自宅にまだ帰宅できてないので
なんとも言えません。


地震大国日本と言えども
震源地に近い方たちは
もっと怖い思いをしているでしょう。



最近世界中で地震が多いね。


東京近くが震源地だったら
大変なことになってただろう。


帰宅難民になっていただろう。

広告を非表示にする