ここままの奮闘日記

育児って思ったよりも大変。だけど面白い。まったりブログ。簡単料理についても。

結婚指輪のオーダー☆

5月7日。14時。


検診が終わった後は
彼とデート。



家もはやく決めないといけないけど、
指輪もはやく決めないと。



いろんなブランドを比較したけど
好きなブランドがあるわけでもないし
既製品の指輪は
全部同じようにも見えるし
どうも買う気にならず。



せっかくなら
お互いが納得したものを
一生つける指輪にしたい。



そこでわたしが見つけたのが
studio SORA。

表参道徒歩3分程度。


全てがオーダーで、
世界にひとつがコンセプト。

photo:01

彼もその世界観と
サンプルデザインの多さなどを
とても気に入って、
ぜひ見に行こう!
と言ってくれました。



ネットでリサーチしてから
店舗の展示品を見て、
作品集を見させてもらう。




指輪のデザイン、
金属の色味や発色、

デザイナーさんに
いろいろ聞きながら
気になるデザインを試着してみる。



二人が気に入ったものは
シンプルなんだけど
ラインがひとつ入ってるもの。


指輪の幅も3ミリのものが
装着感が最高だと
お互いの意見が一致した。



サンプルのデザインを元に
側面に文字を彫りたい希望も出し、
それが実現できるように
指輪の厚みや金属の配合を決める。


金属の色味も相談しながら
二人の指輪を作っていく。



比べてみるとシルバーでも
全然違うんですね。


シルバーの色味や
カラー発色の可否、
金属の重さ・強さ・値段、
金属アレルギーの強さ?金属の質など
比較する所はたくさんあります。




指輪のサイズも何度も確認して、
ハーフサイズのものも着けて
何度も何度も確認。


指輪って、
1号の違いは0.3ミリだとか。

それのハーフサイズもあるのだから
とても繊細なサイズ選びです。



最終的に
彼は13.5号で
わたしは6.5号。


幅が3ミリと薄いのも合まって
思ったより小さくなりました。

日常生活で外すことはないし
洗い物やお風呂等で
指輪は抜けやすいので
ピッタリはまるサイズにしました。



お店の方の話によると
年中むくみ度合いが違うとのこと。


何分もつけてて気にならないなら
大丈夫でしょうとのこと。



実際指輪をずっとつけてると
お肉の位置が変わったりして
スカスカになった記憶もあるので
キツくなければ大丈夫でしょう。



発注の最後まで指輪を着けていたけど、
外すの忘れたかも!?
と、お店出た後に確認しちゃったくらい
自然な装着感だったと思います。




そしてデザインのほう。

photo:02


彼の指輪は
シルバーの黒みを強く出せる
ジルコニウムで作る。

つや消しジルコニウム
ふちがショール
ジルコニウムを黒く発色させる)

内側もショールにしているので
彫刻文字が黒でカッコいい。

スーツでもいやらしくなく
普通の結婚指輪とは一味違う
スマートさがあります。




わたしの指輪は
シルバーの白さが引き立つ
プラチナで作る。


色白ということもあって、
ジルコニウムだと
薄暗いシルバーな感じが
ちょっと気になり、
彼とは違う金属にしました。


つや消しプラチナと
ふちがつやありプラチナ。

内側もつや消しなので
彫刻が見やすいです。



入籍記念日と
ストーンを1つ付けて
指輪の発注が完了!


記念日決めちゃったから
確実に籍を入れないと!!
(・3・)


発注の最後の最後に
発注書に貼るとのことで
写真を撮られました。


制作する方は
誰に作っているのか
分かった上で制作を進める。

そういった
企業コンセプトが
素晴らしいなと思いました。



工房もある店舗なので、
彫刻であれば自分たちも
参加できるみたいだけど、
全部お任せすることにしました。



お店出る時には
もう17時過ぎてる。

長いこと話したなぁ。




オーダーメイドなだけあって、
二人で25万弱と
当初の予算オーバーですが
(世間的には安いほう?w)
彼が全額払うとのこと。


よっ!男前!!
(=´∀`)人(´∀`=)



高くなったのは
あたしのがプラチナだからかな?w

チタンやジルコニウムにしていたら
もっと安かったはず。

プラチナが一番高いみたいだからね。




しかし、婚約指輪がないので
有難く頂きたいと思います。

☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

広告を非表示にする